« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

三振王改め・・・

あぶの皆様、

第7代のキャプテンに就任しました若松でございます。挨拶が遅れ申し訳ありません。先週の日曜日の就任式では手短に挨拶をするよう周りから野次が入ったので15秒程度の挨拶にしておきましたが、本当は23分ほどの挨拶分を考えていました。森下太陽さんの結婚式の挨拶を上回る記録を作ろうとしたのですが・・・。 

気付いてみればあぶさんに入部して丁度丸一年が経過しました。最初はぶっちゃけ、ついていけない・・・と思ったのが本音でした。でも練習の頻度、内容的に自分が望んでいた形であったし、メンバーもいい人ばっかりで・・・・。私は田舎育ちで、小学校の頃は6年生以下全員集まって毎日よく遊んだものでした。あぶさんも年齢層が広く同じような感覚でソフトボール以外でも色々出来る仲間だなと現在痛感しています。本当に入部してよかったと思っています。

高校時代、熊本の野球の名門校に入学しながらもなぜか器械体操部に所属した私は、本当はソフトボール部に入部する予定でした。一人の悪友の気まぐれな一言にだまされた形となった素直だった私はそのまま器械体操を続け、3年生になった時にキャプテンに任命されました。人生初めてのキャプテンとなりましたが部のメンバーが10名程度、給食当番の班長程度のレベルでした。が、今回総勢70名程度のあぶさんのキャプテンに任命され、プロ野球の1球団の人数に匹敵する組織を引っ張っていく存在とならなければなりません。かなり大きなプレッシャーがあると共に、自分がどれだけ出来るのか?を試せる願っても無い機会でもあると思います。実際どれだけ自分が出来るか、周りの期待に答えられるか現在はわかりません。最終的に若松がキャプテンでよかったと誰か一人でも思ってくれればよしとしたいと思っています。

キャプテンとしての目標をあげるとするならば、やはり大会での優勝。既に優勝の味は知ってしまったので普通の優勝ではなく、過去にも成し遂げられているかもしれませんが、あぶさんで1,2フィニッシュ。決勝をあぶ同士でやってみたい。その為にはくじ運も良くなければなりませんね・・。それとメンバーとの交流はプライオリティが高いと思っています。同じ日本人で日本に居ても会わなかったであろう人間が、ここシンガポールであぶさんを通して知り合う。これは何かの縁であり、皆の人生において貴重な時間であるはず。こういうのを大事にしたい。

挨拶分を書いてて、何となく自分が”話なげー”といわれる訳がわかったようなきがします。まだまだ言いたいことは山ほどあるのですが、今回はこの辺で。とにかくあぶさん頑張ります。

シンガポール本部以外におられるあぶの皆様、シンガポールに来てください。交流を楽しみにしております。大会にあわせて来るのもよし、飲みたいからくるものよし、です。

あぶさん最高!

若松

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

香港へ

本日朝、たまたまチャンギ空港のスターバックスでお茶してたら、たまたま香港へ旅立つネコバンクこと、大里キャップに会いました。そしてたまたま通りがかったあぶメンバー数人で見送りしてきました。

同級生、独身、フケメン世代仲間として1年少しあぶさんで一緒になってソフトボールをはじめ、謝恩会、ゴルフ、麻雀、カラオケその他諸々いっしょになって過ごしてきましたが、いざ見送りとなっても中々実感がわかないもんですね。

これから徐々に実感がわくのでしょうか。

ゴルフに行っても下手クソどもばっかりなので、大里がいないと張り合いが無いなぁとか、急な晩飯の誘いにも来るのはチビクロさんだけかとかなどなど。。。

まぁでも香港からは3時間ぐらいでSinには来れるそうなので、、また直ぐにマイマイ様らと一緒にSinに来てくれるでしょう。

あぶにも続々と新メンバーも入ってきてますし、またこれからみんなであぶさん歴史を築いていきましょう。

昨日、グランドで新幹部が発表されましたが、そのうち新キャップより挨拶があるかと思いますのでお楽しみ。メンバーのページももうすぐ更新しますので。

メタボン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

ありえない話

ありえない話をします。それは昨日の事です。私は常に日本人として恥ずかしくないようにゴミはゴミ箱に吸殻は灰皿に空き缶はゆーいちにと模範となるような行動をしております。私は15~17でJakarta出張でした。今回は手荷物だけだった為、帰りのFLTもSINでやってもらいました。そしてルンルン♪気分で出張を終え、17日の朝に空港に行きラウンジでミルク98%のカプチーノを飲んで搭乗ゲートまで進み入ろうかと思った瞬間、「Oh、Flt is Already Full、Sorry」とINDONESIA人特有の人懐っこい笑顔で言う訳です。最初、訳の分からんかった模範日本人は「Ha-?I Already got ticket」と言うと「NO!You must come to check in counter 40min before depature」と言うではないですか。check in counter行く手間省く為にSINでチケット買うのとちゃうんかい!と少々声を荒げるも「NO NO Sorry」お前、ちょっと待てよ。こら。14:00にSIN政府の要人と合わんとあかんねん。(嘘)ファーストでもエコノミーでもええから乗せろ」と言っても100%Fullなんで無理との事。昔焼肉屋で特上カルビ頼んだのに実は普通のカルビやったのに気づいた時依頼切れたわ。ほんままじで。ほんまありえんやろ。でもありえるんやな。INDONESIA。1億円の損失や、金払えと凄んでもニヤニヤしてるだけや。ありえん。でも2時間遅れの帰りはファーストで150ドルの商品券。まぁええか。(なんやそれ) 気晴らしに瀬戸大橋から眺める瀬戸内海の画像を添付します。毎回通る度にセンチメンタルになります。大阪で人気の韓国料理屋行きました。また画像載せます。来週は韓国出張。本場の韓国料理の画像も載せよ。 Seto_1 Niku_2

BIG HEAD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

サッカー大会論評

ボンジョールノ!昨日のサッカー大会についてガゼッタ.ド.スカラス紙の採点を下記致します。ご存知の通り、採点は10点満点

小野寺(キーパー) 6点 いつも皆に太り過ぎ、喋り過ぎと言われているが昨日は出来過ぎ。昨日冷静に考えたのだが結局ファインセーブをしたのは1度きり。通常一般の人が普通に出来ることを小野寺がするだけで評価をされる。

洋平(DF) 6.5点 空いているかどうか分からないほどの細目であるがどうやら開いているようだ。相手の攻撃を目のように目立たず眼を摘む。

二宮(DF)7.5点 実はあぶさん歴3年以上だが2年以上来ていない。いつもは寡黙でクールなのだが試合になると「こらー、オフサイドだろうがー!!」と安岡力也、顔負けの極道Playerとなっていた。そう言えば試合前に水を頭からかぶっていたのは頭を冷やす為なのか。

山口(DF)7.5点 助っ人として参加。以前よりSINGAPOREにもカンナバーロがいるよとナポリでよく行く乾物屋のおっさんが言っていたのだが恐らく彼だと思う。

遠藤(DMF)8点 助っ人として参加。日本が誇るサッカー界の虎の穴、清水出身。ボランチとは何かを見せ付けた。相手攻撃陣の芽を摘み取り攻撃参加への起点となる。

林(友情出場)(サッカーは勝ち負けではなくて譲り合いだと思う為、採点拒否)サッカー界でも和田あき子程の存在意義はあると思っているが同じように煙たがられていると言うのは自分でもよく分かる。ボランチをやれと言われていたのだがブランチと勘違いしてしまいシャンパンをグランドで飲んでいた。途中ルールが分からず相手パスを手で叩き落す。

若松(見学)3点 ハーフのみ出ていたが見ていない。

みつくに(見学)87キロ ハーフ&ハーフ(マヨネーズ)に変更中。

河野(DMF) 5.5点 相変わらず青い顔をしてグランドを野良犬みたいにかけまくる。ただその駆け方には意図が感じられずただ単にアガリを目指す彼の麻雀のようであった。次、遅刻をしたら退部。

直人/隼(MF) 5.5点 高1なのにあまり体力が無い。しかもまだ大人の嫌らしさを当然のことだが身に着けておらず鉛筆を削ることは出来るが相手を削ることはまだ出来ないようだ。今後は基礎体力をもっとつけソフト同様、開花してもらいたい。

浦上(MF)6点 前回、前々回より舞う回数は多かったのではないか。華麗なドリブルを魅せていたがたまに反対方向にドリブルをしていた。ただ頭に入れておかなければならない事は浦さんはもうそろそろ還暦だと言う事。

黒澤(MF)6点 今回、黒澤の最大の貢献は菅川をあぶさんFCの一員としてピッチに迎え入れたことだ。MF、ゴールキーパーと色々やっていたみたいだが特に無い。

しげき(MF)10点 賛辞する言葉が見つからない。ピッチ上のファンタジスタとは正に彼のこと。キャプテンマークをつけ相手の攻撃を封じ味方への華麗なスルーパス、そして2回戦での強烈なミドルシュート。合コンでは常にゴールを狙うのだが昨日はパスを出していた。年に2回あるサッカー大会の時だけは敬語でも使おうかなと思わせる。

菅川(FW) 7.5点 SINGAPOREのカリスマ美容師と言う彼も助っ人として参加。今までの助っ人は助けられているる人ばかり来ていたが今回の助っ人3人は文字通り助ける人であった。浦和の岡野ばりの長髪をなびかせ、冷静に第一試合のオープニングゴールを決めた。しかし問題は屋内での仕事の為、体力があまり無く、第一試合は王子のように華麗であったが第2試合はおじのようにグランドを散歩していた。

原川(FW) 7.5点 ソフトではたまにあいつは練習に来ていたのかと思うくらい目立たないが昨日の大会では冷静にゴールも決め、また高校生相手にやりあうなど少々、子供っぽい熱さも見せた。ひょうひょうと相手DFを抜き去るドリブルは秀逸で恐らく近い将来、上司の小野寺もひょうひょうと昇進で抜き去るものと思われる。

SINGAPOREスポーツ界歴史においてソフト、サッカーのチャンピオンは初めてである。しかもどちらも現時点でチャンピオンだからもっと称賛されていい快挙である。今まではあぶさんFCとして参加しても相手に楽しんでもらうようなフランチャイズなFCであったが今回、晴れてフットボールクラブ、FCとなったように思える。次回のWCの代表に選ばれそうなしげき、林以外に突出した選手はいなくチームワークとツキのみで優勝したが今後はチャンピオンとして色々なチームに胸を貸してやらなければならない。

以上、ガゼッタ.ド.スカラス編集長 ペペロンチーノ

事情により1,2回戦のみの評価。準決勝、決勝についてのコメントは相手チームの事もありますので割愛させて頂きます。合掌。

BIG HEAD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

お魚さん、裸王、上陸

GWはいかがお過ごしですか?

こちらシンガポールでは昨日いつくまさん、ふくとみさんがシンガポールにこられました。

昨日は、昼ふくとみさんとゴルフ、夜はお魚さんと麻雀。ゴルフは途中からの雷雨の為、結局9ホールで終了。麻雀はお魚さんに餌を与えすぎました。

そして今日は昼再びふくとみさんとゴルフ、夜ニライカナイにて新人魚人裸人歓迎会です。GWという事もあり日本帰国や出張の方が多い中約20名のメンバーが参加予定。タイ支部3さんも参加予定です。みんなでワイワイやりましょう。

その頃、日本ではきっとFragileなハートの持ち主がいつふく人気をうらやんでコサックダンスに磨きをかけている事でしょう。

メタボン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »