« 春 | トップページ | 東日本・西日本 »

2008年4月23日 (水)

熱い・暑い・アツい

「あぶ」な みなさん、こんちは。

先週の練習は、半端ない暑さで「熱中症」の症状がでた人も多いのではないでしょうか? 正直、自分もかなりキテました。

いわゆる熱中症は、軽度としては、呼吸回数の増加、顔色が悪くなる、唇がしびれる、めまい。 中等度としては、頻脈(脈の速い状態)、皮膚の蒼白、多量の発汗など。 重症度になると体内の血液が凝固し、脳、肺、肝臓、腎臓などの全身の臓器の障害を生じる多臓器不全となり、死亡に至る危険性が高いそうです。 かなりヤバいんです。 危険と隣り合わせなんです。

立ちくらみ、足がつる(ミネラル不足)など。 これはもう危険信号ですな。

そこで、あぶさん保健体育委員が出す、熱中症予防指針は、「強制飲水」です。 帽子、速乾性の高い衣服の着用は義務化したいくらいです。

「強制飲水」とは、休憩だけでなく、練習の合間にも強制的に水分補給をしてください。 のどが渇いていようがなかろうがカンケーねーっす。 その際に、塩分+糖分(スポーツ飲料)の含まれたものを進めます。 ヤバくなりそうと感じたら、水を体に掛けるのもあり。(マラソンランナーもしてるし) ダイエット目的で水やお茶だけなんて自殺行為だす。

あと、体調が良くないと思ったらテントの木陰で休養してください。オーバーロードによる熱中症もあります。

飲み会明け、ゴルフのあとのホッカーズで下痢気味、子供なあぶメンバーは心当たりがあると思います。 大人なみなさんは大丈夫だと思いますが、基本は睡眠、体調管理 ありきです。 

では、楽しいあぶライフを! 保健体育委員からでした。

|

« 春 | トップページ | 東日本・西日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春 | トップページ | 東日本・西日本 »